MENU

逆流性食道炎の乱調緩和戦略

逆流性食道炎の病状短縮戦略

生活の中で、逆流性食道炎の病状を緩和し易い戦略をご紹介致します。

 

①胃酸を調整する為に唾液を取り出す。
唾液の中にある、アミラーゼという咀嚼酵素は、食べた物体の咀嚼を支える働きがあります。口の中で何度も噛むと、唾液の分泌が多くなり、結果的に咀嚼を支える事になるのです。

 

パリエット,通販,市販,効果,副作用,即日,胃薬

 

昔から、料理は望ましく噛んで食べましょうというヒューマンは多いと思いますが、それにはちゃんとした理由があるからだったのです。

 

唾液を生み出す為に、という何度も料理をしたりかさを手広く食べてしまっては、胃酸のかさが増えてしまい、やっぱり逆効果だ。

 

なので、効果を発揮するのがガムだ。ガムを噛むため、唾液がしばしば出ますし、飲む事は終わるので、どうしてもピッタリです。

 

しかし、空腹時にガムをもっと噛むことはやめましょう。ガムを噛むため、脳から食事をしていると胃に司令が行ってしまい、胃酸を出してしまうからだ。

 

食後1期間~2期間が、胃酸が出て来る頃合いなので、そのタイミングでガムを噛むのが良いでしょう。

 

②食べて至急お隣にならない。
それらでお話した裏道、食後1期間~2期間が胃酸が分泌されやすいシチュエーションだ。

 

そのシチュエーションに、ボディーを横にしてしまうと、胃酸が逆流しやすくなる。食道を荒らさない為にも、食後暫くは寝ずに気をつけましょう。

 

③寝る場合心の位置を高くする。
通常訴える枕の高さを10cm~20cm周囲高くする事で、胃酸が食道に逆流しにくくなります。逆流性食道炎は、寝ている場合胃酸が上がって生じる事が多いので、通常訴える枕が低い方は試してみて下さい。

 

④腹部を圧迫して胴圧をかけないようにする
腹部を圧迫してしまうと胴圧がのぼり、胃から食道へ胃酸が逆流しやすくなる。様々な胴圧がのぼり易くなる発端

 

太り過ぎ

太り過ぎていると、腹部の胴圧が上がってしまいます。
体調管理にも心がけましょう。

 

ベルトをきつくしめる

胃腸を圧迫する事で、胴圧がのぼり胃酸が食道へ逆流しやすくなる。
帯などをしめる服などにも注意しましょう。

 

便所で力む

大便場合力んでしまうと胴圧があがってしまうので、用心書必要です。

 

パリエットTOPウェブページへ