MENU

胃の実施

胃の繋がり

胃は、主に次の4つの職種を担ってます。

 

①食道から送られてきた食生活を一時的に貯める。
順当、食生活がが胃に到達してから、全ての献立が十二指腸へ来るのに、内容物にもよりますが約3年月から6年月程度の時間がかかります。

 

なので、胃に送られてきた献立を分別し、一時的に溜める事で、身体に必要な栄養をプライオリティ的に送り出します。

 

活気のもととなる炭水化物などの糖分は、いち早く来るので、約2年月~3年月程度の時。

 

それで、肉や魚などの身体を始めるのに必要な資材ですタンパク質は、約1.5ダブル~倍程度の4年月位の時間がかかります。

 

その取り分け、脂肪分は一番年月が掛かり、脂肪分を数多く取りすぎてしまうといった、胃の繋がりを抑えられてしまい、胃がもたれてしまいます。

 

こういった一連の胃のセーブは、自律癇というホルモンを通じて組み合わせされている結果、扇動の影響を受けやすいのです。

 

眠る直前に食生活を胃に入れてしまうと、寝ている間も胃は休まずに動いてしまい、修得が悪かったり献立が残ってしまうなどの事由から、胸焼けなどの違和感を感じることが多いのです。

 

 

②胃の中で胃酸という組み合わせる。
胃の中では、強力な胃酸というペプシンが分泌されます。その修得液といった献立を胃の中で組み合わせる事で、修得しやすい状態に準備します。

 

 

③胃の中でうち修得・吸収する。
胃の中で分泌された、強力な胃酸というペプシンといった献立が混ぜ合わされ、胃のぜん動動きにて、栄養分を身体に体得がし易いドロドロのシーンへと消化していきます。

 

その際に、お酒などのスピリッツやお薬などのマテリアルはうち胃の粘膜にて体得されます。

 

昔に、食生活は美しく噛んで食べなさいと学んだやつは多いと思います。

 

その理由は、献立をかわいく噛み砕くことによって、細くなるので修得体得がされやすくなります。

 

もっと、献立をしばしば噛むといった胃酸の分泌が抑えられ胃酸過度になり難く、胃に重荷をかけがたくなります。

 

また、とことん噛むため、唾液の分泌が育生され、唾液に包まれるため献立が修得吸収されやすく変わるという効果もあるのです。

 

 

④消毒し、修得吸収した献立を十二指腸へ見せる。
食べた物には、黴菌が混じっています。こういう黴菌を胃酸を通じて滅菌することで、身体に吸収してもOK状態に行う。

 

強力なバクテリアが居た症例、身体において低い異物といった判断された場合は、身体がお断り評価を起こして嘔吐する事で、異物を体外へといった排出する事で、コントロールします。

 

 

修得のしくみ

1回の食生活で、胃液は約500mlから700ml分泌されます。胃液の中には、タンパク質などを分解するペプシンや、黴菌などを滅菌する塩酸、胃の粘膜を修得液から続ける為の粘液などが含まれます。

 

また、胃酸に肉などを付けておくって、分解され長時間後にはボロボロになってしまう。そんな状態になる胃酸が胃の中で分泌されていても、胃が大丈夫なのは、粘膜を続ける為に粘液をだしているからなのです。

 

こういう粘液が不足してしまうと、胃酸が自分の粘膜を攻撃してしまい荒れて仕舞うため、炎症を起こしたり、潰瘍を起こしてしまったり、ひどい状態になるとがんになってしまうのです。

 

パリエットTOPウェブサイトへ